« 久々の更新! | トップページ | 竹の子ほり2013 »

2013年4月28日 (日)

剣の歴史とその流派その六

剣の歴史もやっと
現代居合の時代にやっと来た~

(〃´o`)=3ふう


ここでちょっと
おさらい


1869年  明治維新
1876年  廃刀令で流派の殆どが消えていく
1895年  このままじゃいけないと「大日本武徳会」を創立
      これで絶滅せずに残すことが出来た

しかし

1945年  敗戦でGHQにより大日本武徳会は解散させられる

その後
1952年  アメリカの占領解除

これを機に「全日本剣道連盟 」 発足
              (大日本武徳会の事実上の後継団体)


戦後めでたく
全日本剣道連盟が出来た~
という所まで前回は書いてみた


んで今日はここから先の話しになるが
オレとしては
ここからの話が一番興味がある

「今」に直結するからだ



ではでは
全日本剣道連盟が出来てからの話を始めよう

Neko201304281




戦後に発足した全日本剣道連盟は
文字通り剣道だけだったため

当然「何でやねん」と言う一部(居合人)の熱い要望が出る


それで何だかんだで2年後

1954年  「全日本居合道連盟」 発足

無双直伝英信流の20代宗家 河野百練が中心に創立する


この全日本居合道連盟は
全日本剣道連盟とはまったくの別組織として作られた


この段階で日本には
剣道の「全日本剣道連盟」  (以下 全剣連)
居合の「全日本居合道連盟」 (以下 全居連)
という大きく分けて二つの団体が出来た事になる
(注)流派はとりあえず別にして団体のお話


しかし当時から
居合をする剣道家は多いが
居合だけする人は少なかったようで

全剣連に所属しながら
全居連に所属する剣道家が多数になる



更にその2年後
全剣連が動く

1956年  「全剣連」に居合道部が出来る
オレがお世話になっている団体だ

Neko201304282


ここで剣道家は全剣連居合に所属するようになり
全居連に所属する人数が激減する

それでもこの時から
「全居連」
「全剣連 居合」
と居合の団体として大きく二つの組織が存在する事になる

 

…………

どうせなら
この時に一つになってくれたらいいのに…ね

実際、一つになる話はあったようだけど・・・・

( ̄д ̄)う~ん
そんなに簡単じゃないのかな~

 

なかなかムッかしいのかね~
人がやることだから…


ここから
「全居連」
「全剣連 居合」

この二つの団体は別々の道を歩む…


分かりやすく大きく違うのは
それぞれ制定した居合
「制定居合」だ


まず
「全居連」の制定は

各流派を尊重してか
それぞれの流派の形を一本一本入れて
五本を構成しているらしい
例えば
一本目は○○流のなんとか
二本目は○○流のなんとか
と言った具合だ


(゜ロ゜)へぇ~
そうなんだ


それに対して

オレがやってる
「全剣連 居合」の制定は

剣道家が刀を扱えないのはよろしくないとして
剣道家が刀を扱うための居合として作られた

だから
どの流派の形にも属さないモノとして
1969年に新しく作っている



そして
その5年後
大事件がおきる

Neko201304283



1974年  「全日本居合道連盟」のトップだった
無双直伝英信流の20代宗家の河野先生が亡くなられて
宗家争い(この表現が正しいのかわからないが)が起きるのだ


突然亡くなられてしまったらしく
後継者を決めていなかったのが
その原因らしい


「全居連」は以下の四つの団体に別れる事になる

全日本居合道連盟(全居連)
大日本居合道連盟
日本居合道連盟
全国居合道連盟
(他にもあるのかもしれないがWikipediaにはそう書いてあった)

( ゚Д゚)

ややこしや~~


オレの所属する
全剣連 居合では
何々流宗家って肩書きは見ないから
何で居ないのかな?と思っていたが


この流れからすると
全居連が出来た時にほとんどの方は全居連に所属して
それ以外は独自で伝えているって事なのかもしれない


しっかし団体って
イロイロ事情があったりするのね・・・
人間がやる訳だから
相容れない事とかしがらみとか
あるんだね~

(>_<)ぶう~

居合普及の為に

このしがらみを超えて

足並みを揃えて行くってのには

まだ時間がかかりそうだ

 

全剣連の中でも剣道と居合の間にも

くだらないしがらみがあるようだし・・・・

 

 

今、居合をやりたいと思っても
沢山の団体があり過ぎて
素人にはその違いや良さは
正直わかんない
団体に属さない流派も沢山あるわけだし…

「何処の団体や流派がいいか」
「自分の求めるモノに近いのは何処か」とか探していたらお爺ちゃんになってしまう

師は三年かけて探せと云うらしいが
これもやりながら探すしかないと思うと

どんな団体で、どんな流派で、どんな師匠に出会うかは
「運」任せにならざるおえないよね


まぁオレは
ゴチャゴチャ考える前に
剣道五段の歌う剣士さんに紹介してもらってラッキーだった

きっと運がいい


「全剣連 居合」に出会えて良かったと思っている

いい繋がりを持たせてもらったし
居合を通じて成長させてもらってる事を感じている

Neko201304284




居合の稽古が出来る事に感謝して

これから

また

頑張ろう~

(*´▽`*)おお~

 

byオレ

 

 

にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
にほんブログ村 ポチッとしてくれると嬉しいです!

« 久々の更新! | トップページ | 竹の子ほり2013 »

居合道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/579406/57262191

この記事へのトラックバック一覧です: 剣の歴史とその流派その六:

« 久々の更新! | トップページ | 竹の子ほり2013 »